トランクルーム

荷物一時預かりとは?各サービスのメリット・デメリットを解説!

Writer
ライター/AZUKEL編集部

引っ越しの際に荷物を一時的に預かってくれるサービスが知りたい、という方は多いのではないでしょうか。荷物が多くて実家などに預けるのも難しく困っている場合、荷物一時預かりサービスを利用するのがおすすめです。

本記事では荷物一時預かりサービスとは何かについて解説します。各サービスのメリット・デメリットについてまとめました。

本記事を読むことで、荷物を一時預かってくれるサービスについて知ることができ、引っ越しの際に慌てず対応することができるようになります。荷物一時預かりサービスについて詳しく知りたい方は、ぜひお読みください。

荷物の一時預かりサービスの利用シーン

荷物の一時預かりサービスの利用シーンとしては次のようなものが考えられます。

  • 引っ越し時に新居と入居と日がずれたとき
  • 新居が決まっていないとき
  • 家のリフォームを行うとき

これらの状況のときは、一時預かりサービスの利用を検討してみても良いでしょう。1つ1つの利用シーンの例について詳しく解説していきます。

引っ越し時に退居と入居の日がずれたとき

荷物一時預かりサービスがもっとも使われるシーンは、引っ越しです。特に新居の入居日と退去日が噛み合わなかったときに使われます。

入居日までまだ何日かある場合、その間荷物をどこに置いておくかは悩みどころ。一人暮らしの場合、実家に置ける方もいるかもしれませんが、荷物が多いと難しいでしょう。かといって、荷物のためだけに家賃をもう1ヶ月余分に払うのはもったいないです。

このような場合は、荷物一時預かりサービスを使うことで解決できます。1ヶ月家賃を支払うよりもはるかに安い値段で預かってくれます。

売却予定の家具があるとき

売却予定の家具などがあるときも一時預かりサービスを活用できます。引っ越しが決まったものの、引っ越し先に入らない家具がある、という場合はよくあります。高級な家具ですと捨てるのももったいないので、友だちに譲るか売却したい場合が多いでしょう。

そんなとき、家具の引き取り手が見つかるまで、ひとまず一時預かりサービスに保管しておく、という手があります。

もちろんサービス利用料金はかかってしまいます。ただ、家具の売却価格の方が高くなれば得したことになりますね。最近ではメルカリやジモティーなど家具を売却できるサービスもあるので、このような用途で一時預かりサービスを使えることも覚えておくと良いでしょう。

家のリフォームを行うとき

家のリフォームを行う際にも、一時預かりサービスを使うことができます。自宅の大掛かりなリフォームを行う場合、完了するまで荷物を移動させなくてはいけません。実家や仮住まいのアパートにすべての荷物が入らない場合、一時預かりサービスの活用がおすすめです。

リフォーム期間は、長いと3ヶ月以上になることもあります。そのため、長い期間預けても問題ないサービスを選ぶと良いでしょう。

トランクルームサービスの荷物の一時預かりを使うメリット

まず、トランクルームサービスについて解説していきます。トランクルームサービスは、月額料金を支払うことで、その期間収納スペースを使うことができるサービスです。引っ越しに限らず、荷物を預かって欲しい場合に活用することができます。

トランクルームサービスのメリットは次の3つです。

  • いつでも出し入れが可能
  • 長期間利用することも可能
  • 荷物の種類に応じて保管場所を選べる

1つ1つのメリットについて詳しく解説していきます。

いつでも出し入れが可能

トランクルームサービスの場合、いつでも荷物の出し入れが可能です。「不用品を売却したいから取り出したい」「遊びに誘われたのでスポーツ用品だけ取り出したい」。こういった場合に自由に取り出し可能なのは便利です。

中には24時間いつでも取り出し可能なサービスもあります。取り出す際は予約が必要な場合が多いですが、「AZUKEL」などスマホで簡単に取り出し予約ができる場合もあります。

長期間利用することも可能

トランクルームサービスは、短期間だけでなく長期間利用することも可能です。トランクルームサービスは基本的に月額(サブスク)制になっており、長期間利用しても追加料金はかかりません。月額料金さえ支払えば何ヶ月でも利用することが可能です。

荷物を一時的に預かってもらうだけでなく、その後も預けることができるため、新居の収納スペースが少ない場合などにも活用できるでしょう。

荷物の種類に応じて保管場所を選べる

トランクルームサービスにはさまざまな種類があり、利便性や荷物の種類に応じて選択できるのもメリットです。トランクルームサービスには大きく「屋内型」と「屋外型」の2種類があります。

屋内型は収納スペースが建物の中にあるのが特徴です。屋内型には常温タイプのものもありますが、冷暖房が完備されたものもあります。そのため、衣類や布団など湿気や熱気に弱いものも、安心して保管することが可能です。

屋外型はコンテナタイプの収納スペースです。空調設備はないのですが、荷物を車から楽に持ってこれるのが特徴です。常温保管でも問題ないアウトドア用品や自転車などを預けたい場合におすすめできます。

その他、バイク専用のトランクルームや大型のガレージタイプなどがあり、荷物の種類に応じてサービスを選択することが可能です。

トランクルームサービスの荷物の一時預かりを使うデメリット

続いて、トランクルームサービスのデメリットを解説します。デメリットは次の2つです。

  • 荷物を自分で運ぶサービスが多い
  • 初期費用がかかることがある

これらのデメリットはすべてのサービスに当てはまるわけではありませんが、該当する場合が多いので注意が必要です。1つ1つのデメリットについて詳しく解説していきます。

荷物を自分で運ぶサービスが多い

トランクルームサービスの多くは、荷物の保管先まで自分で運ばないといけません。荷物が多い場合や大型の家具を持っている場合は運ぶのが大変でしょう。自分でトラックを運転できるなら良いのですが、そうでない場合は難しいです。

荷物を運ぶのが難しい方は、宅配型のトランクルームサービスを活用するのもおすすめです。宅配型でしたらスタッフが自宅まできて荷物を運んでくれます。

初期費用がかかることがある

トランクルームサービスによっては、初期費用がかかる場合があるので注意が必要です。事務手数料や鍵代、セキュリティ手数料といったものがかかってしまう可能性があります。

短期間しか使わない場合、初期費用を支払うのは少しもったいないですね。できれば初期費用がかからないトランクルームサービスを選ぶことをおすすめします。

引っ越し業者の荷物の一時預かりを使うメリット

引っ越し業者によっては、荷物の一時預かりを受け付けている場合があります。日通やアート引越センターなどの大手業者はサービスを行っている場合が多いです。

引っ越し業者の荷物の一時預かりサービスを使うメリットは次の2つです。

  • 引っ越しとまとめて依頼できる
  • 荷物を自分で運ばなくて良い

1つ1つのメリットについて詳しく解説していきます。

引っ越しとまとめて依頼できる

引っ越し業者のサービスを活用するメリットは、引っ越しとまとめて依頼できる点です。窓口を一本化できるため、時間を節約できます。また、サービスによっては引っ越し料金とまとめて支払いを行える場合もあります。

引っ越し時は何かと忙しいので、このメリットは大きいかもしれません。

荷物を自分で運ばなくて良い

引っ越し業者に依頼する場合、業者が荷物を運んでくれます。荷物が多い場合や車を持っていない方にとって、このメリットは大きいでしょう。また、業者が綺麗に梱包してくれますので、移動時に家具などを傷つけてしまうリスクも減らせます。

引っ越し業者の荷物の一時預かりを使うデメリット

続いて、引っ越し業者のデメリットを解説します。デメリットは次の2つです。

  • 荷物の取り出しが自由にできない
  • 常温で保管する場合が多い

引っ越し業者に荷物の預かりまで依頼するのは、確かに楽ではあるものの、このようなデメリットも存在するので注意が必要です。1つ1つのデメリットについて詳しく解説していきます。

荷物の取り出しが自由にできない

引っ越し業者の場合、荷物の取り出しが自由にできないこともあります。取り出しができないと、急に必要になったものがある際に困ってしまいますね。引っ越し業者のサービスは、1週間以内の短期の預かりには向いていますが、長期には向いていないと言えるでしょう。

常温で保管する場合が多い

引っ越し業者の多くは荷物を常温で保管するため、荷物の種類によっては、カビや錆が生えてしまう可能性もあります。そもそも引っ越し業者は、荷物を保管することを専門にしているわけではないため、仕方がありませんね。空調が完備された部屋で荷物を管理したい場合は、トランクルームサービスを使う方がおすすめできます。

荷物一時的に預けたいなら「AZUKEL」がおすすめの理由

[出典:https://www.azukel.com]

ここまで、トランクルームサービスと引っ越し業者のメリット・デメリットを紹介しました。どちらのサービスにも良し悪しがあり、優劣をつけるのは難しいです。

どのサービスを使えば良いかわからない、という方におすすめしたいのがトランクルームサービスの「AZUKEL」です。「AZUKEL」は上記で挙げたトランクルームサービスのデメリットを解消しているため、どなたにもおすすめしやすいのが特徴です。

「AZUKEL」の代表的な特徴として次の3つが挙げられます。

  • 宅配型のトランクルーム
  • 初期費用がかからない
  • スマホで手軽に活用できる

1つ1つの特徴について詳しく解説していきます。

宅配型のトランクルーム

「AZUKEL」は宅配型なので、自分で荷物を運ぶ手間はかかりません。スタッフが希望する時間帯に家まで来てくれます。預け入れ時の配送料は、基本的には無料です。引っ越しで忙しい方や荷物が多い方でも活用しやすいサービスです。

初期費用がかからない

「AZUKEL」は初期費用がかからないのもポイントです。敷金・礼金などは一切かかりません。月額料金のみのシンプルな料金体系となっています。初期費用がかからないため、一時的な利用であっても損をしないのが魅力ですね。

スマホで手軽に活用できる

「AZUKEL」では集荷も荷物の取り出しもLINEで手軽に依頼することが可能です。集荷依頼はLINEのトーク内でアイテムや出荷日時を指定するだけで完了します。後は、集荷日時までに準備して待つだけで問題ありません

預けた荷物は、マイページからいつでも確認できます。何を預けていたか忘れてしまうこともないでしょう。また、荷物の取り出しの予約もいつでもすることが可能です。

荷物をどこに預けるかは早めに決めておくことが大切

本記事では荷物の一時預かりサービスについて解説しました。各サービスのメリット・デメリットがお分かりいただけたかと思います。

引っ越しやリフォームの際は何かと忙しくなります。荷物の預け先については、なるべく早めに決めておく方が、引っ越しの日程が近づいてきても慌てずに済みます。

引っ越し業者の一時預かりサービスの方が、手軽に利用はできます。ただ、保管状況などは引っ越し業者によって異なります。屋外で保管する形態の場合、荷物の種類によっては湿気や熱にやられて状態が悪くなってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

「AZUKEL」のトランクルームサービスは宅配型であり、かつLINEで集荷依頼を出せるので手間がかかりません。なおかつ、初期費用も無料です。つまり「AZUKEL」は、トランクルームサービスと引っ越し業者のサービスの良いとこ取りをしていると言えます。

What's new

view all

Categoryカテゴリ